京都市宿泊税

平成30年(2018)10月1日宿泊分より、京都市では宿泊税が導入されました。

京都市宿泊税について

導入の目的は「国際文化観光都市としての魅力を高め,及び観光の振興を図る施策に要する費用に充てる」とし、活用例として、美しい景観の保全、わかりやすい観光案内、道路の渋滞・混雑解消、京町家の保全・継承、違法民泊の適正化があげられています。

税率は、宿泊者1人1泊につき以下の通りです。

宿泊料金が2万円未満 200円
宿泊料金が2万円以上5万円未満 500円
宿泊料金が5万円以上 1,000円

※修学旅行など学校行事に参加する者およびその引率者は免除。
※ここでいう「宿泊料金」は、食事代・消費税・入湯税などを含まない素泊まり代金とそれにかかるサービス料のこと。

  • 課税対象…宿泊料金および宿泊料金に加算されるサービス料
  • 課税対象外…客室以外のサービスに相当する料金(レストランなどの食事、冷蔵庫の飲料、ランドリーサービス、電話、結婚式、宴会、会議室、駐車場など)

宿泊税は、宿泊者が宿泊施設へ直接支払います。ただし、旅行業者へ宿泊税を支払った場合は、宿泊施設への納入は不要です。

関連サイト

京都市:宿泊税のご案内

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする