羅城門跡

羅城門跡について

羅城門跡

羅城門跡

羅城門らじょうもんは、平安京のメインストリートである朱雀大路すざくおおじの南端に設けられた、都の表玄関にあたる大門で、この門を境に京の内外を分けた。

弘仁7年(816)に大風により倒壊し、その後再建されたが、天元3年(980)の暴風雨で再び崩壊した後は再建されることはなかった。

羅城門復元イラスト

羅城門復元イラスト(現地案内板より)

11世紀前半に藤原道長が法成寺造営のため、門の礎石を持ち帰った記述が『小右記しょうゆうき』にあり、この頃には門の礎石や基壇のみの姿となっていたと思われる。

付近の発掘調査では、羅城門に関わる遺構は見つかっていないが、東寺の木造兜跋毘沙門天立像国宝や、三彩鬼瓦重文は、この門にあったものと伝えられている。

羅城門跡

公園内にある「羅城門跡」の碑

羅城門跡のデータ

見学自由

アクセス

市バス「羅城門」バス停から徒歩すぐ

駐車場:なし

京都市南区花園児童公園内(GoogleマップAppleマップYahoo!地図

タイトルとURLをコピーしました