市バス・京都バス一日乗車券カード

市バスと京都バスの均一区間が乗り放題になる乗車券は、2018年3月に「バス一日券」としてリニューアルしました。詳しくはこちら

0000561_02

「市バス専用一日乗車券カード」が2014年3月、「市バス・京都バス一日乗車券カード」に生まれ変わりました。
値段は500円そのままで、これまでの市バス均一区間に加え、利用範囲が嵯峨・嵐山地域まで拡大、さらに京都バスの均一運賃区間全線でも利用可能になります。

発売額

大人500円 小児250円

発売場所

市バス・地下鉄案内所、定期券発売所、市バス営業所、市バス車内、地下鉄駅窓口(大人券のみ)など
京都バス営業所、京都バス案内所、京都バス車内など
市内宿泊施設(一部)

※バス車内は売り切れている可能性もあるので、事前に購入しておくことをおすすめします。

発売期間

通年

有効期間

1日

利用方法

購入後、最初にバスに乗る場合は降車時にカード読み取り機にカードを挿入すると、裏面に日付が印字されます。2回目以降は、降車時に裏面の日付を運転手に呈示して降車します。

整理券車では、乗車時と降車時にカードを読み取り機に入れる必要があります。京都バス整理券車では、整理券を取って乗車し、降車時に整理券を運賃箱に入れ、カードを運転手に呈示します。

注意事項

※以下の区間は利用できません。別途運賃が必要です。

  • 大原方面(三千院・寂光院等)
  • 修学院方面(修学院離宮・曼殊院・詩仙堂等)
  • 高雄方面(神護寺等)
  • 貴船・鞍馬方面(貴船神社・鞍馬寺等)

嵐山・嵯峨野方面(天龍寺・渡月橋・大覚寺等)は、2014年3月22日から利用できるようになりました。

※京阪バス・JRバスなどの民営バスや市営地下鉄では利用できません。

関連リンク

市バス・京都バス一日乗車券カード(京都市交通局)
「市バス・京都バス一日乗車券カード」の発売について(京都市交通局)

タイトルとURLをコピーしました