金地院

「黒衣の宰相」と呼ばれた以心崇伝は徳川家康のブレーン

金地院(こんちいん)とは

金地院は、南禅寺の塔頭である。応永年間(1394年〜1428年)に4代将軍4代将軍足利義持の帰依を受けて大業徳基たいごうとくきが洛北の鷹峯たかがみねに創立したといわれるもので、慶長10年(1605年)頃に南禅寺の中興開山、以心崇伝いしんすうでん(金地院崇伝とも呼ばれる)が現在地に移して再興した。

寛永年間(1624年~1643年)には大造営が行われた。方丈(本堂)は伏見桃山城の一部を徳川家光より賜り移築したもので、襖絵は狩野探幽・尚信のもの。また、小堀遠州作の茶室「八窓席はっそうのせき」は重要文化財で、京都三名席のひとつである。

約1,500坪もある「鶴亀の庭」

約1,500坪もある「鶴亀の庭」

庭園は方丈の南側に展開し、「鶴亀の庭」と称される。白砂は宝船を象徴すると同時に海洋を表し、右側に鶴島、左側に亀島を配置している枯山水となっている。これも小堀遠州こぼりえんしゅうによるもので、国の特別名勝に指定されている。

家康のブレーン

崇伝は応仁の乱をはじめとする戦乱によって伽藍の多くを失った南禅寺の復興に力を注いだ。室町幕府の政治顧問的な役割を担っていた崇伝は慶長13年(1608年)、徳川家康に駿府に招かれ、外交や寺社行政全般を任された。その後は家康の政治顧問として、また、幕府の参謀として、徐々に権力を握っていき、十万石の大名待遇となった。

その権威は秀忠・家光の代までおよそ25年間続き、崇伝は「黒衣こくい宰相さいしょう」と呼ばれた。「武家諸法度ぶけしょはっと」「禁中並公家諸法度きんちゅうならびにくげしょはっと」「伴天連ばてれん追放令」などを起草したのも崇伝で、また、大坂の陣の発端となる方広寺鐘銘事件の画策にも関与している。

東照宮

東照宮

東照宮とうしょうぐう重文は崇伝が家康の遺髪と念持仏を奉載し、寛永5年(1628年)に建立。創建当初は諸堂完備し、日光東照宮と比すべきものであったという。現存する拝殿・石ノ間・本殿などは、京都に遺る唯一の権現造り様式である。

概要

拝観料:400円

拝観時間:8時30分〜17時(12月から2月は16時30分まで)

アクセス

地下鉄東西線「蹴上けあげ駅」から徒歩約5分

駐車場:なし

住所:京都市左京区南禅寺福地町86-12(GoogleマップYahoo!地図

タイトルとURLをコピーしました