宇治上神社

世界遺産(古都京都の文化財)

現存する日本最古の神社建築

宇治上神社(うじがみじんじゃ)とは

宇治上神社

宇治上神社

かつて当地には祭神である応神天皇の離宮があり、明治維新までは、隣接する宇治神社とともに、宇治離宮明神(八幡宮)と総称された。藤原頼通が平等院を造影する際は、宇治上神社を鎮守社とした。

明治16年(1883)に上社(宇治上神社)と下社(宇治神社)に分社、平成6年(1994)には「古都京都の文化財」として世界文化遺産登録。

宇治上神社 本殿(覆屋)

宇治上神社 本殿(覆屋)

国宝の本殿は現存する神社建築として最古の遺構で、近年行われた年輪年代法による調査では、1060年代の建立とされている。一間社流造いちけんしゃながれづくりの内殿三棟を左右一列に並べ、これらに共通の覆屋をかけたもの。覆屋の格子から本殿を見ることができる。その身舎もやの扉には、建立当時の絵画が遺されている。鎌倉時代の拝殿も国宝で、宇治離宮の遺構とも伝わる。

境内に湧き出ている桐原水きりはらのみずは宇治七名水の一つとされている。

宇治上神社のデータ

拝観

拝観自由

アクセス

京阪電車「宇治駅」から徒歩約10分
JR奈良線「宇治駅」から徒歩約20分

住所:京都府京都府宇治市宇治山田59(GoogleマップYahoo!地図

タイトルとURLをコピーしました