萬福寺

「いんげん豆」のルーツここにあり 中国ムード満点な黄檗宗の大本山

萬福寺(まんぷくじ)とは

黄檗宗の大本山「萬福寺」

黄檗宗の大本山「萬福寺」

日本三禅宗(臨済・曹洞・黄檗おうばく)のひとつ、黄檗宗の大本山。

寛文元(1661)年、中国(明)の僧であった隠元隆琦いんげんりゅうきが日本からの度重なる招請に応じ来日。徳川幕府の尊崇を得て後水尾天皇の母である中和門院の別荘跡、宇治大和田9万坪に創建したのがはじまり。

黄檗宗では布袋さんは弥勒菩薩の化身とされる

黄檗宗では布袋さんは弥勒菩薩の化身とされる

隠元は明朝風の伽藍を造営(三門・天王殿・仏殿・法堂が一直線に建っている)、仏教儀礼も明代のものに従わせ、僧も日本語を使うことを禁じた。隠元の隠居後も13世まで中国の僧が住持を務めた。

天王堂の右手にあるのは斎堂さいどうで、僧たちの食堂となっている。廊下にぶら下がっている木製の魚は「魚梛かいぱん」と呼ばれ、木魚の原型とも言われる。

魚梛

魚梛

木槌で打ち鳴らし、日常の行事や儀式の刻限を報じるものであり、現在でも時を告げるときに使われている。魚のように目を見開いて修行せよ、との意味があるという。

「いんげん豆」のルーツ

卍崩しの高欄、他の宗派にはない異国情緒漂う寺院

卍崩しの高欄、他の宗派にはない異国情緒漂う寺院


隠元が日本に伝えた代表的な食べ物として「いんげん豆」があり、他にも「寒天」などの名付け親でもある。「すいか」や「れんこん」、「けんちん汁」なども中国から持ってきたものではないかと言われている。

黄檗僧がもたらした中国風の精進料理である「普茶ふちゃ料理」はヘルシーな料理として人気を呼んでいる(※要予約)。

寺の紋「裏葵」は徳川家からいただいたもの

寺の紋「裏葵」は徳川家からいただいたもの

概要

拝観料:大人500円

拝観時間:9時00分〜17時00分(受付は16時30分まで)

公式サイト:https://www.obakusan.or.jp/

アクセス

JR奈良線「黄檗」駅から徒歩5分
京阪電車「黄檗」駅から徒歩5分

駐車場:あり

住所:宇治市五ヶ庄三番割34(GoogleマップAppleマップYahoo!地図

タイトルとURLをコピーしました