2019年春開業、嵯峨野線の新駅名称が「梅小路京都西駅」に決定

梅小路京都西駅
JR西日本と京都市は、JR嵯峨野線の京都駅〜丹波口駅間に2019年春開業を予定している新駅の名称を「梅小路京都西駅」と発表しました。

2019年春開業「梅小路京都西駅」

梅小路うめこうじ京都西きょうとにし駅」は、2019年春開業予定で、京都駅からは1.7km、丹波口駅からは0.8kmの場所に位置しています。駅番号は「JR-E02」です。

駅名の決定理由については次のように発表されています。

駅が所在する「梅小路公園」は,周辺地域を象徴する存在として地域の皆様に親しまれており、「梅小路」は、京都市の駅名公募結果においてもキーワードとして最多数であった。また、京都駅の西側約1.7キロメートルに位置し、京都観光の新たなサブゲートとなることから「京都」「西」を付与した名称とした。

JR西日本ニュースリリースより

新駅は相対式ホームで、エレベーターやエスカレーター、自動改札機、券売機、みどりの券売機が設置されるほか、ホームでの安全対策として、可動式ホーム柵の設置、非常ボタン、ホーム監視カメラが設置されます。

梅小路京都西駅

京都駅からは2〜3分で到着し、嵯峨野線の普通列車が停車する見込みです。駅北側は京都中央市場に隣接、南側の梅小路公園には京都鉄道博物館や京都水族館があります。また、JR西日本は2020年春にホテル「Umekoji Potel KYOTO」を開業する予定です。

関連リンク

JR嵯峨野線 京都・丹波口間新駅 駅名の決定:JR西日本(2018年7月20日)
JR西日本グループの新ブランドホテル「Potel(ポテル)」誕生(2018年5月23日)

タイトルとURLをコピーしました