【京都お得な乗車券】バス一日券

京都市バス一日券

京都市内のほとんどの路線バスに乗れるのが「バス一日券」です。2018年3月、「市バス・京都バス一日乗車券カード」から名称変更し、価格は500円から600円(大人)へと変更になりました。

バス一日券

「バス一日券」は、市バス・京都バスの均一運賃区間であれば、1日に何度でも乗車できます。2018年3月から

発売額

  • 大人600円/小児300円
バス混雑の緩和・地下鉄への誘導目的のため、2018年3月に大人500円から600円へと値上げされました。一方でバスと地下鉄に乗車できる「地下鉄・バス一日券」は1,200円から900円へと値下げされています。

バスは1乗車230円なので、3回以上バスに乗る場合はこの「バス一日券」を購入したほうがオトクです。

発売場所

  • 市バス・地下鉄案内所、定期券発売所、市バス営業所、市バス車内、地下鉄駅窓口(大人券のみ)など
  • 京都バス営業所、京都バス案内所、京都バス車内など
  • 市内宿泊施設(一部)

京都駅バス乗り場の自動券売機


京都駅バス乗り場には自動券売機があり、早朝でも購入できます。

バス車内は売り切れている可能性もあります。購入時には日付が入ってないので、事前に購入しておくことをおすすめします。

発売期間

  • 通年

有効期間

  • 1日

利用方法

購入後、最初にバスに乗る場合は降車時にカード読み取り機にカードを挿入すると、裏面に日付が印字されます。2回目以降は、降車時に裏面の日付を運転手に呈示して降車します。

整理券車では、乗車時と降車時にカードを読み取り機に入れる必要があります。

有効区間(利用できるエリア)

バス一日券

※以下の区間は利用できません。別途運賃が必要です。

  • 大原方面(三千院・寂光院など)
  • 高雄方面(神護寺など)
  • 貴船・鞍馬方面(貴船神社・鞍馬寺など)

大原方面・高雄方面は「地下鉄・バス一日券(二日券)」ですと利用エリア内です。

※深夜バスに乗車する際は、割増運賃が別途必要です。
※京阪バスやJRバス、市営地下鉄では利用できません。

関連リンク

タイトルとURLをコピーしました